バーチャルオフィスの住所はブランド力とアクセスの良さで決める!選び方・比較ポイントを解説

[投稿日]2024年07月08日

バーチャルオフィスの住所はブランド力とアクセスの良さで決める!選び方・比較ポイントを解説

バーチャルオフィスを選ぶ基準は人それぞれですが、「どのような住所を借りられるか」は重要なポイントです。賃貸オフィスなどを借りる場合と同様、ブランド力とアクセスの良さに着目しましょう。

今回の記事では、住所に着目したバーチャルオフィスの選び方と比較ポイントについて詳しく解説します。使いたい住所のイメージがつかめている方も、そうでない方もぜひ参考にしてください。

バーチャルオフィスサービス全体の選び方・比較ポイントはこちら▼

ビジネスにおいて住所は重要

ビジネスにおいて、本店所在地の住所がどこにあるかは非常に重要です。特に、BtoBのビジネスにおいては、本店所在地の交通アクセスが悪く不便という理由で、取引を断られる可能性があります。便利なオフィスを借りられるだけの信用力がないから、取引を行うにも不安があると判断されるためです。

しかし、多くの人が知っているオフィス街であれば、場所が原因で信用力に不安があると判断される可能性は低いでしょう。東京でいえば、特に以下の2つのエリアがおすすめです。

  • 渋谷区(IT企業が多く集まる)
  • 千代田区(大企業の本社・本店、官公庁が多く集まる)

なお、オンライン通販など、主に個人が顧客となるBtoCのビジネスを営むなら、住所をそこまで気にする必要はありません。ただし、ナイトワーク・歓楽街などのビジネスとかけ離れたエリアは選ばないほうが無難です。

東京23区内でおすすめの地区についてはこちら▼

バーチャルオフィスにおける住所の選び方・比較ポイント

バーチャルオフィスを選ぶ際は、借りられる住所も重要なポイントです。ここでは、バーチャルオフィスにおける住所の選び方、比較ポイントとして以下の6点について解説します。

  1. 住所を事前に確認できるか
  2. 提供されている住所にブランド力があるか
  3. 利用できるビルにブランド力があるか
  4. 最寄りの路線は便利な駅か
  5. 最寄り駅からのアクセスは良いか
  6. 自分の使いたい場所にあるか

①住所を事前に確認できるか

まず、借りられる住所を事前に確認できるか調べましょう。契約後に気に入らない住所だったことがわかったとしても、すぐに解約して別のバーチャルオフィスに乗り換えるのは、手間や費用の面から見ても現実的ではありません。

また、住所を事前に確認することで、トラブルに巻き込まれる可能性を減らせます。適切な運営をしているバーチャルオフィスであれば、Webサイトなどに住所を記載しているはずです。

裏を返せば、住所を事前に確認できないバーチャルオフィスにはそれなりの意図があります。たとえば、過去に犯罪に使われた(もしくはその噂がある)など、ネガティブな情報があるために隠している可能性も否定できません。

住所が事前に確認できないバーチャルオフィスは審査体制に不備があるなど、運営上信頼性に欠ける可能性があります。住所が確認できたとしても番地やビル名など細かい地名がわからない状態の場合は、利用を控えましょう。

②提供されている住所にブランド力があるか

提供されている住所にブランド力があるかどうかも、非常に重要なポイントになります。たとえば、東京23区だけをみても、住宅街のイメージが強い、ナイトワークや歓楽街のイメージがあるなど、ビジネスのブランド力がない区もあるのが実情です。ビジネスで使うことを考えるなら、このような区の住所を使うバーチャルオフィスを借りるのは得策ではありません。

ビジネスで使う事業を借りる以上、自分のビジネスに合っていて、かつブランド力があるエリアの住所を使いましょう。たとえば、大企業の三菱商事や住友商事は、丸の内や大手町など東京の中心部(中央区、千代田区)に位置しています。一方、GMOやサイバーエージェントなどIT系の大手企業は、渋谷を本拠地に事業を展開していることが多くなっています。「渋谷=ITの街」というイメージを持つ方もいる以上、渋谷区の住所はIT系の事業を営む方にとって魅力的であるはずです。

③利用できるビルにブランド力があるか

利用できるビルのブランド力も重要なポイントです。東証プライム上場企業、もしくはそれに準ずる知名度・規模の企業が所有・運営するビルであれば、相応のイメージが見込めます。また、外観がきれいだったり、ビルの名称がビジネス向けになっていたりするビルも、ブランド力という意味では加点要素です。

ただし、その分コストが高くなるので、事業のイメージと合っているか、問題なく費用を払えるかを確認したうえで慎重に選びましょう。

来客の予定がなく、住所のみを借りる場合はそこまで神経質になる必要はありません。ただし、あまりに外観が汚かったり、ビルの名称がビジネスにふさわしくなかったりする場合は見送るほうが無難です。ビルの外観はGoogleストリートビューで閲覧できます。

④最寄りの路線は便利な駅か

バーチャルオフィスの最寄り駅の便利さも重要なポイントです。自宅からのアクセスのしやすさだけでなく、取引先などよく訪問する場所からも移動しやすいかチェックしましょう。また、顧客に訪問してもらう機会が多いなら、東京でいえば渋谷や新宿、品川など巨大ターミナル駅、もしくはその近隣の駅が最寄り駅だと非常に便利です。

バーチャルオフィスの最寄り駅が各駅停車しか停まらないなど不便な駅だった場合、郵便物を引き取ったり、顧客に訪問してもらったりするのに時間がかかります。バーチャルオフィス自体の使い勝手に影響するので、最寄り駅はしっかりと確認しましょう。

⑤最寄り駅からのアクセスは良いか

通常のオフィスビルや住宅を借りる場合と同様、バーチャルオフィスも最寄り駅からのアクセスに着目して選ぶ必要があります。たとえ、便利な路線沿線の駅が最寄り駅であっても、そこからバーチャルオフィスに着くまでに時間がかかるなら便利とはいえません。

また、渋谷や品川などの巨大ターミナル駅の場合、電車から降りても出口が遠ければ相応の時間がかかります。駅直結など近ければ雨に濡れずに便利ですが、その分料金が高くなるので、予算的に難しい場合もあるかもしれません。最寄り駅から徒歩10分以内を視野に探してみましょう。

⑥自分の使いたい場所にあるか

自分の使いたい場所の住所が借りられるかは、バーチャルオフィスを選ぶ際に非常に重要です。全国展開をしているバーチャルオフィスもありますが、自分の使いたい場所に拠点があるかを基準に選びましょう。

たとえば、広島県広島市の住所を使いたい場合は、同市内に拠点を構えているバーチャルオフィスを選ぶのが必須になります。

バーチャルオフィス1は東京(渋谷)・広島に拠点!

バーチャルオフィス1

弊社バーチャルオフィス1は、2024年6月現在東京(渋谷)・広島の一等地に拠点を構えています。IT系の事業を営んでいて渋谷区の住所をお使いになりたい方、ご自身もしくはご家族・ご親族が広島出身などの理由で、広島県広島市中区の住所をお使いになりたい方は、ぜひご検討ください。

また、今後は東京を中心に全国展開を予定しております。現状お使いいただけない住所であっても、今後は利用できるようになる可能性があるため、まずはお気軽にお問い合わせください。

まとめ

ビジネスにおいて住所はイメージを左右するという意味で非常に重要なものです。そして、バーチャルオフィスは比較的リーズナブルな金額で使いたい住所が使えるのが強みでもあります。

自分のビジネスに合い、かつイメージが良い住所を借りられるかどうかを基準にバーチャルオフィスを選びましょう。

この記事の投稿者

バーチャルオフィス1編集部

東京都渋谷区道玄坂、広島市中区大手町にあるバーチャルオフィス1

月額880円で法人登記・週1回の郵便転送・郵便物の来館受取ができる起業家やフリーランスのためのバーチャルオフィスを提供しています。

https://virtualoffice1.jp/

この記事の監修者

株式会社バーチャルオフィス1代表取締役 牧野傑

株式会社バーチャルオフィス1 代表取締役

2022年2月に株式会社バーチャルオフィス1の代表取締役に就任。東京(渋谷)、広島にて個人事業主(フリーランス)、法人向けにビジネス用の住所を提供するバーチャルオフィスを運営している。自ら起業した経験も踏まえ、「月額880円+郵送費用」といったわかりやすさを追求したワンプランで、利用者目線に立ったバーチャルオフィスを目指している。

東商 社長ネット 株式会社バーチャルオフィス1 牧野 傑
キャリアコンサルタントドットネット 牧野傑(まきのすぐる)
Yahoo!知恵袋(株)バーチャルオフィス1牧野傑
Yahoo!知恵袋回答集

バーチャルオフィス記事一覧
トップへ